Bajan × Japanese = Bajapanese :日本から約14,000㎞離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国バルバドスから日々の出来事をお伝えします。

  Bajapaneseのナビゲーター   topページ > バルバドスのウミガメ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Sea Turtles of Barbados ②

2013 - 07/01 [Mon] - 20:48

20130629 Sea Turtle 01

土曜日にまた Barbados Sea Turtle Project が定期的に行っている
孵化したてのウミガメの赤ちゃんを海へ戻す活動を見に行ってきました。
ちなみに前回の様子はこちら → The Sea Turtles of Barbados

土曜日の朝に Facebook を見ていたら Barbados Sea Turtle Project から
その日の夕方6時にあるとインフォメーションがあったので急いでお義姉ちゃんに
連絡を取り(前回事後報告したら今度は必ず連絡するように言われてたので)
お義姉ちゃん、甥っ子くん、週末ドミニカ国から遊びに来ていたお義姉ちゃんの友、
お義母さんと5人で行くことになりました。
ちなみに彼はその日は日曜日の朝まで夜通し走る趣味の車のレースに参加していた
ため不在でした。

上の写真は集合場所で Barbados Sea Turtle Project の人が説明しているところです。
集合時間の6時より5分前に着いたのにすでに見学の人でいっぱいでした。

20130629 Sea Turtle 07

みんなでウミガメの赤ちゃんを海に戻すためのビーチへ移動。

20130629 Sea Turtle 12

このバケツにウミガメの赤ちゃんが入っています。
なぜか Barbados Sea Turtle Project の人がバケツをトントン叩いていました。
どうも寝ているウミガメの赤ちゃんを起こしていたみたいです。

20130629 Sea Turtle 26

ウミガメの赤ちゃんです。
今回海に戻すウミガメは green sea turtle(アオウミガメ)です。

20130629 Sea Turtle 13

ウミガメの赤ちゃんが安全に歩けるために道をつくりました。

20130629 Sea Turtle 14 20130629 Sea Turtle 16
20130629 Sea Turtle 18 20130629 Sea Turtle 21

Barbados Sea Turtle Project の人がウミガメの赤ちゃんを近くで見せてくれました。
通常私たちはウミガメの赤ちゃんには触れません。

20130629 Sea Turtle 23

向き合って「こんにちは!」

20130629 Sea Turtle 29

1匹ずつバケツから出して海に向かって歩かせます。

20130629 Sea Turtle 30

写真を撮ってもいいけどフラッシュはNGです。
フラッシュの光でウミガメの赤ちゃんの目が見えなくなるからです。

20130629 Sea Turtle 34

前回は日が落ちてしまっていて写真を撮るのにも苦労したのですが、
今回は6時すぎでもまだ明るいのでウミガメの赤ちゃんがハッキリ見えます。

20130629 Sea Turtle 35

一生懸命に歩いている姿がたまらない。

20130629 Sea Turtle 39

今回係りの人が話している説明が全く聞えてなくて詳細がわかりませんでした。
前回の Hawksbill turtle(タイマイ)の時は海に出て行ったウミガメの赤ちゃんは
約25年後にまた産卵をしにメスだけ戻ってくると話されていました。
そして無事に大人になるまで成長するのは1000匹中たったの1匹だけ
本当に厳しい世界です。

20130629 Sea Turtle 40

打ち寄せる波にのまれてウミガメの赤ちゃんはそのまま海の中へ消えていきました。

20130629 Sea Turtle 49

ウミガメの赤ちゃんたちが出て行ったバルバドスの海(カリブ海側)です。
無事に成長してこの美しい島に戻ってきて欲しいな。


Barbados Sea Turtle Project は定期的にこういった活動をされていて、
Facebookで事前に案内があるので一般の私達や観光客も見に行く事ができます。

The Barbados Sea Turtle Project
website : www.barbadosseaturtles.org/
Facebook : www.facebook.com/thebstp

■過去の関連記事
・2012年12月06日 The Sea Turtles of Barbados

スポンサーサイト

The Sea Turtles of Barbados

2012 - 12/06 [Thu] - 08:38

Sea turtle 001

昨夜は Barbados Sea Turtle Project が定期的に行っている
孵化したてのウミガメの赤ちゃんを海へ戻す活動を見に行ってきました。
写真に水色のバケツが写っているのがわかりますか?
あのバケツにウミガメの赤ちゃんが約180匹入っています。

Sea turtle 002

波の近くでバケツを倒すとウミガメの赤ちゃん達は海に向かって歩きだします。
この赤ちゃん達は Hawksbill turtle(タイマイ)という種類のウミガメです。
フラッシュをたいて写真を撮るとウミガメの赤ちゃんが目が見えなくなってしまうので
係の人が照らすライトだけで写真を撮っています。

Sea turtle 003

海に出て行ったウミガメの赤ちゃん達は約25年後にまた産卵をしに戻ってきます。
でも戻ってくるのはメスのウミガメだけでオスは海の中。
それに無事に大人になるまで成長するのは1000匹中たったの1匹だけだそうです。
厳しい世界ですね。

Sea turtle 005

ウミガメの赤ちゃん達が海の中に入るまで動いちゃいけないので、
人間はじーと見守っています。

Sea turtle 006

一度海に入ったものの波でまたビーチに打ち上げられてるウミガメの赤ちゃん

バルバドスでは Hawksbill turtle(タイマイ)の他に Leatherback turtle(オサガメ)、
Green turtle(アオウミガメ)を見る事ができます。
Leatherback turtle(オサガメ)はウミガメの種類では最も大きいらしく
体長3mのもいるらしいです。
こういった大きいウミガメはカリブ海側ではなく大西洋側の東海岸だそうです。

私はクルージングの時にカリブ海側でウミガメと一緒に泳いだ事があるのですが、
こういった地道な活動が行われているからこそなんですね。

Barbados Sea Turtle Project は定期的にこういった活動をされていて、
Facebookで事前に案内があるので一般の私達や観光客も見に行く事ができます。
これからもちょくちょく見に行きたいと思います


The Barbados Sea Turtle Project
website : www.barbadosseaturtles.org/
Facebook : www.facebook.com/thebstp

 | ホーム | 

PROFILE

yumi

Author : yumi
Japanese living in Barbados.
Welcome to my blog!!

yumiです。
縁があって2011年12月末からBajanの彼(現在は夫)の国バルバドスで暮らす事になりました。
2017年4月に家族が増えました。Bajapaneseの女の子です。

■■■■バルバドス ■■■■
●島の大きさ:南北34㎞,東西22㎞,431㎞2(種子島とほぼ同じ)
●人口:28.9万人(2014年現在)
●首都:Bridgetown
●通貨:バルバドス・ドル(Bds$),US$1=Bds$2(固定相場)
●民族:アフリカ系(約9割)、ヨーロッパ系、混血、インド系、その他
●言語:英語
●宗教:キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)、その他
●元首:女王エリザベス2世
●首相:フローンデル・スチュワート
●気候:年間平均気温26℃
●時差:日本と-13時間

CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

CATEGORIES

MAIL

Name:
Mail address:
Title:
Text:

BARBADOS TIME

Facebook

SARCH

LINK

RSS

QR

QR

COUNTER

FLAG COUNTER

free counters

ブロとも申請フォーム