Bajan × Japanese = Bajapanese :日本から約14,000㎞離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国バルバドスから日々の出来事をお伝えします。

  Bajapaneseのナビゲーター   topページ > バルバドスの料理  

Conkie(コンキ)の作り方

2013 - 11/25 [Mon] - 10:50

Conkie 01

今年もこのConkie(コンキ)の時期がやってきました。
来週の11月30日がバルバドスの独立記念日で今月はバルバドスは
どこもかしこも"Happy independence day!"と書いてあってバルバドスの国旗カラー
青、黄色、黒でイルミネーションや飾りがされています。
そして、この期間に食べるのがConkie(コンキ)です。
日本の「お彼岸におはぎ」みたいな感じでしょうか。

Conkie 02

去年お義母さんに頂いてとっても美味しかったので
「来年は作り方を教えてください!」って言ってたら今年お呼びがかかりました。
まずはConkie(コンキ)を包むバナナの葉っぱを火であぶります。
ちなみにバナナの葉っぱは庭からとってきておられました。
「なぜあぶるの?」って聞いてみたら
「なんでだろうね?昔からこうしてる。あははーっ!」って言っておられました。
たぶんあぶると包みやすくなるし、消毒にもなるんじゃないでしょうか。

Conkie 03

【材料】

 ・コーンフラワー ・・・・・・ 2カップ(500ml)
 ・小麦粉 ・・・・・・・・・・ 1/2カップ(125ml) 
 ・カボチャ ・・・・・・・・・ 3/4lb(約340g)
 ・ショートニング ・・・・・・ 6oz(約170g)
 ・さつま芋 ・・・・・・・・・ 1/2lb(約227g)
 ・ココナッツ ・・・・・・・・ 3カップ(750ml)
 ・塩 ・・・・・・・・・・・・ 1tbsp(約大さじ1)
 ・レーズン ・・・・・・・・・ 4oz(約113g)
 ・牛乳 ・・・・・・・・・・・ 1カップ(250ml)
 ・スパイス ・・・・・・・・・ 1tbsp(約大さじ1)
 ・ナツメグ ・・・・・・・・・ 1tbsp(約大さじ1)
 ・アーモンドエッセンス ・・・ 1tbsp(約大さじ1)

バルバドスの計量はアメリカ式とイギリス式のミックスで
ややこしいのでカッコ書きで日本式も書いています。

Conkie 12

ちなみにスパイスとはこれです。
バルバドスのスーパーなどで普通に売ってあり、お菓子などにもよく使います。
お義母さんのホットケーキにはこのスパイスが入ります。
スパイスの中身が書いてなく不明なのですがシナモンの香りもするので
シナモンも入っているいろいろなスパイスのようです。

Conkie 13

ココナッツの実を削ったのも冷凍してスーパーに売ってあります。
この時期はちゃんとさつま芋、カボチャの摩り下ろしたのもあります。

Conkie 04

お義母さんは自分で育てたカボチャをお持ちなので、
お義姉ちゃんが必死に摩り下ろしていました。

Conkie 05

摩り下ろしたカボチャ、摩り下ろしたさつま芋、ココナッツの実を
ボールに入れ混ぜます。

Conkie 06

牛乳を加えて混ぜ、コーンフラワー、小麦粉、塩、レーズン、スパイス、
ナツメグを加えて混ぜ、最後にショートニングとアーモンドをエッセンスを
加えよく混ぜます。

Conkie 07

火であぶったバナナの皮で包みます。

Conkie 08

鍋で蒸すのですが、鍋の底にはバナナの葉の茎の部分を入れておきます。
そうするとバナナの葉っぱの香りがよく出ていいらしいです。

Conkie 09

鍋にバナナの茎、蒸し器、バナナで包んだのを入れて蒸します。

Conkie 10

蒸しあがりはこちらです。

Conkie 11

今年も美味しくできました


■過去の関連記事■
・2012月11月22日 Conkie

Pudding and Souse

2012 - 04/24 [Tue] - 22:06

@Ixora 03

先週の土曜日、彼のお母さんがお友達と食事に行くのに私まで誘って頂き
バルバドス料理の Pudding and Souse を食べてきました。
(私しか行かなかったのは彼も彼のお姉ちゃんもこの料理が好きじゃないからなんだけど…)
Puddingは写真のお皿の手前に見える茶色いものです。
これはサツマイモを擂ったものにタイム、赤トウガラシ、砂糖、塩などで
味付けしてあるようです。
プリンと名前が付いてますが日本のプリンとは全く別物です。
Souseは塩漬けの豚肉を茹でたものに
キュウリ、パセリ、ライムジュースなどで出来たソースがかかっています。
さっぱりしていて食べやすいのですが、量が多くて食べ飽きてしまいます。
できたら小皿の一品として頂きたい料理です。

ちなみにこの料理は土曜日に食べるそうです。
伝統的に祝日と土曜日が動物を屠殺する日だったからみたいです。
(バルバドスの伝統というより宗教的なのかな?)

@Ixora 04

こちらもバルバドス料理の Fish Cakes フィッシュケーキです。
小麦粉とベーキングパウダーの生地に魚のタラの身を解したものとハーブなどを混ぜて
油で揚げてあります。魚の身が入った甘くないドーナツって感じです。
これをスパイシーなソースと一緒に食べます。
スーパーの前やお祭りの露店でも売ってあるのを見かけます。

@Ixora 02

Golden Sands Hotel にある Ixora というお店で頂きました
逆光で分かりにくいですが店内の様子です。
土曜日のお昼のランチらしく、ゆったりとした感じに見えますが・・・

@Ixora 01

実はこの日はカラオケランチだったみたいで大音量でカラオケをしていました。
バルバドスではオープンな場所でみーんなの前で歌うんですよ~
お食事しながら会話を楽しみたくてもカラオケで聞こえませ~ん
でも皆さん気持ち良さそうに歌ってました
(でも私はカラオケBOXの方がいいな・・・)

@Ixora 05

メニューの看板です。
"Rum & Souse Lime"って書いてあるのですが、
このLimeの意味が解らず家に帰って彼に聞いてみると
この辺の西インド諸島の英語圏で使われている言葉らしく
意味は「パーティ」や一般英語の「Hang out」とほぼ同じ意味だそうです。
ちょうど次の日に彼の大学時代の友達の集まりがあり、その後彼のお姉ちゃんから
"How was lime?"  って聞かれました。
前日にこの言葉の意味を教えてもらってたので、すぐに理解できたのですが
知らなかったら「なんでライムの事聞いてんだ~?」と思ってたはずです。
まだまだ知らない事だらけのバルバドスです


Golden Sands Hotel
Maxwell, Christ Church BB 15034, Barbados
Telephone: 246 428 8051/Fax 246 428 3897
Website:www.goldensandshotel.com

Fried Flying Fish(トビウオのフライ)の作り方

2012 - 04/16 [Mon] - 16:50

今日は先日のブログGood Friday's lunchで食べていた
Fried Flying Fish(トビウオのフライ)の作り方を紹介します
以前このブログで紹介したマカロニパイ Bajan Macaroni Pie同様、
各家庭によって作り方が若干違うようです。今回も彼のお母さんに習った作り方です。

Fried Flying Fish 01

まずは魚市場 Berinda Cox Fish Marketで買ってきたトビウオ10尾を
ライムジュースと塩が入った水に漬込みます。
こちらではなぜか鶏肉料理をする時もこの作業が入ります。とても新鮮なのに謎です
昔々冷蔵庫が無かった時代の作り方がまだ残っているのか、
それとも臭い消しなのか・・・
未だ謎なので、謎解きが出来た時はまたここで報告したいと思います。

Fried Flying Fish 02

30分以上漬けておいたトビウオを水洗いして水を拭き取ります。
そのトビウオの表面と溝に Bajan Seasoning バルバドスのシーズニングを塗ります。
(*塗り過ぎには注意です!)

Fried Flying Fish 03

Bajan Seasoning バルバドスのシーズニングはこのように瓶などに入って
スーパーなどで売られています。家庭によっては手作りされる所もあるみたいです。
瓶の表記によるとシーズニングはエシャロット、玉ねぎ、スイートバジル、タイム、
スイートマジョラム、パセリ、ニンニク、グローヴ、お酢、塩
から出来ているみたいです。
バルバドス料理には欠かせない調味料の一つです。

Fried Flying Fish 04

卵1個をよく溶きウスターソース少々と混ぜ合わせたものに、
Bajan Seasoning バルバドスのシーズニングを塗ったトビウオを30分以上漬込みます。

Fried Flying Fish 05

次に小麦粉、Bread crumbs(パン粉)、ぺーキングパウダー、シーズニングを合わせた
衣をトビウオの両面に付けます。

Fried Flying Fish 06

左がこちらのBread crumbs(パン粉)です。パウダーみたいに細かいです。
右は日本のパン粉です。こちらでもPANKOという名前で売ってあります。
アメリカの料理番組でもよく「日本のPANKOを使うとクリスピーで美味しいのよ~!」と
料理の先生が言いながら料理に使っています。人気みたいです。

Fried Flying Fish 07

衣に混ぜたシーズニングはこちらです。
玉ねぎ、ニンニク、パプリカ、生姜、マジョラム、バジル、セロリ、フェンネル、パセリ、
タイム、スパイス
等から出来ているみたいです。(でも最後のスパイスってなんだろう?)

Fried Flying Fish 08

フライパンに少量の油を入れてトビウオを小麦色になるまでカラッと揚げます。

Fried Flying Fish 09

出来上がり!
Chips チップス(フライドポテトの事です。こちらではイギリス英語のChipsを使います。)
やサラダなど一緒に「いただきま~す!」

Plantain プランテイン

2012 - 03/26 [Mon] - 12:37

Plantain 1

以前 「バナナじゃないよ、プランテインだよ!」で紹介したPlantain プランテインです。
彼の実家から頂いたので私も調理してみました。
頂いたのは全て小ぶりばかり。通常はバナナより一回りほど大きいです。
緑のままだと調理しないと食べられませんが、黒くなるまで熟すると
バナナの若い味に良く似ています。

Plantain 2

私はバターとブラウンシュガーでソテーして最後にシナモンをかけてみました。

Plantain 3

時々フランスのホストシスターが作ってくれたバナナのデザートとそっくりな味です。
結局火を通すとバナナにより近くなるみたいです。
なので、次回はこれをバルバドスの特産のラム酒でフランベして
バニラアイスを添えて食べてみたいと思います。
熱々のプランテインとラム酒の香りと冷たいバニラアイス!
間違いなく美味しいはず

マカロニパイ Bajan Macaroni Pie

2012 - 03/13 [Tue] - 21:43

macaroni pie 1

今日はバルバドスの家庭料理「マカロニパイ」を紹介します。
このマカロニパイはとにかく良く見ます。
お弁当屋さんには必ずありますし、パーティ等があった時も必ず作ってあります。
パイと名前が付いていますがパイ生地を使って作っているわけではなく、
ようはマカロニチーズグラタンなんです。
家庭によって作り方や味などが若干違うようですが、
今日は先日彼のお母さんに教えてもらった作り方を紹介します。

macaroni pie 8

まず材料です。
 ・マカロニ
 ・チェダーチーズ
 ・バターまたはマーガリン
 ・玉ねぎ
 ・牛乳
 ・ケチャップ
 ・マスタード
 ・Bajan Hot Pepper Souce(バルバドスのピリ辛ソース)

macaroni pie 2

マカロニを適当な長さに折って茹でます。
バルバドスにはいろんな種類のパスタが売ってあって、
こちらはマカロニがカットされてないで長いままのパスタです。

macaroni pie 3

マカロニを茹でた後、鍋にバターを入れてみじん切りにした玉ねぎを炒めます。
玉ねぎに火が通ったら牛乳を加えて、ケチャップ、マスタード、
Bajan Hot Pepper Souce(バルバドスのピリ辛ソース)で味を付けます。
それに卸したチェダーチーズの2/3の量を加えたらソースの出来上がりです。

macaroni pie 5

ソースに茹でたマカロニを加えてよく混ぜ合わせます。

macaroni pie 6

グラタン皿にバターまたはマーガリンを塗っておきます。
ちなみにこの手は8歳の甥っ子くんです。
彼のお母さんと一緒に土曜日の夜に日曜日のランチ用に作りました。

macaroni pie 7

グラタン皿にソースをからめたマカロニを入れたら
残しておいたチェダーチーズを上にのせてオーブンでこんがり焼きます。

macaroni pie 10

バルバドスの日曜ランチの定番、ベイクドチキンとマカロニパイです。
ある日、このランチを食べた後にお友達の家のパーティへ行ったら
全く同じベイクドチキンとマカロニパイを頂きました
美味しいから良いんですけどね・・・(笑)

macaroni pie 9

って事で今日一人でマカロニパイを作ってみました。
私はソースに黒コショウを足してみたんですけど
彼の評価は「ほぼお母さんと同じ!」って事でした
良かった

 | ホーム |  »

PROFILE

yumi

Author : yumi
Japanese living in Barbados.
Welcome to my blog!!

yumiです。
縁があって2011年12月末からBajanの彼(現在は夫)の国バルバドスで暮らす事になりました。
2017年4月に家族が増えました。Bajapaneseの女の子です。

■■■■バルバドス ■■■■
●島の大きさ:南北34㎞,東西22㎞,431㎞2(種子島とほぼ同じ)
●人口:28.9万人(2014年現在)
●首都:Bridgetown
●通貨:バルバドス・ドル(Bds$),US$1=Bds$2(固定相場)
●民族:アフリカ系(約9割)、ヨーロッパ系、混血、インド系、その他
●言語:英語
●宗教:キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)、その他
●元首:女王エリザベス2世
●首相:フローンデル・スチュワート
●気候:年間平均気温26℃
●時差:日本と-13時間

CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

CATEGORIES

MAIL

Name:
Mail address:
Title:
Text:

BARBADOS TIME

Facebook

SARCH

LINK

RSS

QR

QR

COUNTER

FLAG COUNTER

free counters

ブロとも申請フォーム