Bajan × Japanese = Bajapanese :日本から約14,000㎞離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国バルバドスから日々の出来事をお伝えします。

  Bajapaneseのナビゲーター   topページ > 2012年07月  

Sugar apple 釈迦頭

2012 - 07/25 [Wed] - 21:52

釈迦頭 01

先日彼の実家でお義母さんから「食べる?」と差し出されたのが
このミニラみたいな物体でした。
フランス滞在で学んだ事は『人に勧められたらとりあえず試す』
なので、この奇妙な物体も試しに口に入れてみたら

「あま~い!おいし~い!

この奇妙な物体は英語では Sugar Apple
和名はバンレイシ(蕃茘枝)または釈迦頭(しゃかとう)と言うようです。
確かにお釈迦さまの頭っぽいですよね(笑)

釈迦頭 02

彼の実家の Sugar Apple の木です。
このような感じで木に実っています。
採ってから2,3日置いて熟するのを待ちます。
そうするとウロコみたいにモコモコになって一枚ずつはがれます。
とても甘みが強く洋ナシみたいな味で桃のような食感です。
時々砂糖みたいなジャリジャリとした歯ざわりがあります。

釈迦頭 03

これはバルバドスにいるグリーンモンキーも大好きな果物。
グリーンモンキーに盗られてしまう前に採るのが重要だそうです。

夢中で食べたので鱗をはがした写真を撮り忘れてました
一枚ずつはがした鱗には白い果肉が付いていて、
大豆ぐらいの黒い種がたくさん入っています。
次回食べた時は写真を忘れずに撮っておきます

Animal Flower Cave

2012 - 07/24 [Tue] - 20:43

The Animal Flower Cave 02

バルバドスの最北端にある Animal Flower Cave です。
入場料は大人20バルバドスドル(約785円),子供10バルバドスドル(約393円)です。
グループ毎にガイドのお兄さんが一人付いて洞窟の中を案内してくれます。
この青い柵の入り口から下へ降りて行くと・・・

The Animal Flower Cave 03

中はこのような感じ。けっこう広いです。

The Animal Flower Cave 04

洞窟からバルバドスの North Point が見えます。
あそこから海を見て左側がカリブ海、右側が大西洋です。

The Animal Flower Cave 08

洞窟の珊瑚床はおよそ40万~50万年前のものと推測されているそうです。

The Animal Flower Cave 09

太平洋が一望できる岩のプール。
これが温泉だったら最高なのに。。。と思うのは日本人だけでしょうね

animal-flower-cave.jpg

なぜここが Animal Flower Cave という名前かと言うと、この岩のプールに
バルバドスで Animal Flower と呼ばれているイソギンチャクがいるからです。
この日もイソギンチャクがいたのですが、写真を撮り忘れてネットから借りてきました。
私たちが行った時期はイソギンチャクが少なく茶色のしか見なかったのですが、
クリスマスの時期になるとたくさん見る事が出来るそうです。
彼が子供の頃に見た時はイソギンチャクが本当に花のようにカラフルだったとか。
その時期にもう一度行ってみたいな~

The Animal Flower Cave 10

「手のように見えるでしょう?」とガイドのお兄さんが言ったので
私も写真を撮ってみました
確かに見えます!

The Animal Flower Cave 11

かなり奥まで洞窟は続いていました。

The Animal Flower Cave 14

幻想的

The Animal Flower Cave 16

洞窟から出て見た North Point です。
ここは何も遮る物が無いので海風を直で体に感じることが出来ます。

The Animal Flower Cave map_barbados

地図上ではこちら!
レンタカーで来ている観光客の人をけっこう見ました

The Animal Flower Cave 01

入場料を払うバーがある建物。
その前にいろんな国の方向が分かる矢印がありました。
JAPANも発見!でもJAPANとFRANCEが同じ方向を向いてたんですけど(笑)
後でネットで見るとここのバーのレモネードは美味しいらしいです。
次回行った時は飲んでみたいと思います


Animal Flower Cave
North Point, St Lucy, Barbados
Tel : +1-246-439-8797

39 Steps Wine Bar and Bistro

2012 - 07/23 [Mon] - 18:38

39 steps 01

なんと先日バルバドスでランチ女子会を開きました
このバルバドスで日本人女子が4人も集まったんです。
集まったのはお一人のお薦めで 39 Steps Wine Bar and Bistro ってところ。
以前このブログで紹介した The coffee bean と同じ敷地内にあります。

39 steps 04

建物の外観です。
39 Steps Wine Bar and Bistro は2階の左側です。

39 steps 05

店内はこんな感じです。
ちょっと私は早めに着いたので写真をパチリ

39 steps 07

テラス席がとても気持ちが良いです
ここは人気があるお店らしくお昼でも予約している方がいいみたいです。

39 steps 06

今日のおススメボード。
海老好きの私には West Indian Surmp Curry がとっても気になります

39 steps 11

で、結局私がオーダーしたのは 39 Steps Crepe.
説明に Chicken and Shrimp in a Mornay Sauce とあったので、
フランスのガレットのイメージでオーダーしたら
クレープグラタンのような感じで出てきました。
しかもこれだけで45バルバドスドル(約1766円)もします ひょえ~!
本当にバルバドスは何でもお高いです

この日は思い切り日本語でおしゃべりしながらランチを楽しみました。
どこで女子会をやっても話しの内容ってあまり変わらないんですね
美味しいお店の情報の交換などやってこの日は終了!
また次回の第2回女子会を楽しみにしたいと思います♪

*もしこのブログをご覧でバルバドス在住の日本人の方が
 いらっしゃったら連絡お待ちしておりま~す!
 良かったら女子会に参加しませんか?


39 Steps Wine Bar and Bistro
The Chattel Plaza, Hastings main road, Christ Church, Barbados
Tel : +1-246-427-0715
Web : 39stepsbarbados.com

Slam 101.1 FM

2012 - 07/20 [Fri] - 10:22

Slam 01

今日は私が毎朝聞いているバルバドスのラジオ局の事です。
毎朝私はネットでNHKのラジオニュースを聞きながら朝の家事をやっています。
ニュースを聞き終わるとすぐにこのバルバドスのFM局SLAMにチェンジ!
バルバドスで今流行っている音楽ソカやカリプソン、レゲエなどが聞く事でき
DJのバルバドスの英語 Bajan English も生で聞く事が出来ます。
時々リスナー同士の電話を使ってのお見合いみたいなのもやっていて
聞いていて面白いです。
とは言え私は Bajan English は半分もわかりませんけどね

今は来月にあるお祭り Crop Over に合わせてリリースされたソカが
ガンガン流れています♪
バルバドスでこのお祭りに参加される方や、バルバドスに旅行に来られる方など
このSLAMを聞いて旅行前からバルバドス気分を味わうのもいいかもですね


Slam 101.1 FM
www.slam101fm.com
*上のホームページを開くとラジオを聞く事が出来ます♪

Mount Gay ラム工場見学

2012 - 07/19 [Thu] - 13:39

Mount Gay 02

バルバドスを代表するアルコールと言えばサトウキビから作られるラム酒。
そのラムを作っている Mount Gay マウント・ゲイの工場見学へ行ってきました。

1627年から始まったバルバドスのラムの歴史。
こちらの Mount Gay は1703年創業です。

Mount Gay 01

ちょうど私たちが訪れた日の数日前から工場見学が再開されたばかり。
行きたくてもずっと行けない状態だったので私もワクワクでの参加です。
ツアーの時間までこちらの VISITOR CENTER で時間つぶし。

Mount Gay 08

Mount Gay で作られているラム酒が売ってあります。
こちらは1リットル瓶で42バルバドスドル(約1663円)。
何でも高いバルバドスですがラム酒だけはお手軽価格で買う事が出来ます。

Mount Gay 06

こちらは XXO で1瓶 194バルバドスドル(約7623円)もします

Mount Gay 07

こちらはホワイトラム。
これとミントでモヒートを作って飲みたいですね~

Mount Gay 03

ビール瓶みたいに入っているラムがありました。
ラムってアルコール度数40なんですけど、これを一気に飲むんでしょうか?

Mount Gay 09

こちらは1.75リットル入りの大瓶。と言ってもペットボトルです。
お土産用や持ち運びに便利ですね

時間になり工場見学ツアーの開始です。
料金ですが、観光客は18バルバドスドル(707円)、ロコはなんと無料でした!
ここでも住んでいる事を主張してみたんですがIDを持っていなかったので却下。
仕方なく私も観光客価格を支払いました
(ちなみに私が持っている地球の歩き方の情報からかなり変わっています。)

さて、ツアーなのですが・・・
最初のブースで Mount Gay のお姉さんからボードを見ながらの説明があります。
その後ボトリングをしている所へ行き遠くから見学(約5分ぐらい,撮影禁止)
その後はビデオルームへ行き、ビデオでラムを作る過程を見ます。
なぜなら・・・この場所ではボトリングだけしかやってなく、
サトウキビの搾り、発酵させて蒸留させる所は他の場所にあるからなんです。
全部を見られると思っていたので、ちょっとガッカリです

Mount Gay 10

でも工場のバーでテイスティングが出来ます
ボトルが並んでいますが左から右にお値段が上がっていきます。
私達もその順番でティスティング。

Mount Gay 11

お値段が上がるにつれてラムの香や味が深くなっていきます。
3番目に飲んだラムは本当に美味しかったです。
ただ、4本目の XXO は飲ませてもらえませんでした。
3杯分のラムを飲んで、ほどよく酔っぱらった所で買って飲んでもらおうという
Mount Gay 側の販売戦略なんでしょうか?

Mount Gay 16

バーの所にもラムを作る過程の説明ボードがあります。

Mount Gay 18

バーの入り口。
Mount Gay のラムは蒸留したラムをアメリカのバーボンを作る際に使用した
オーク材の樽で寝かせているそうです。
それにより深い味わいと琥珀のようが色合いが生まれるとか。

日本の酒蔵見学をイメージして行くと、ちょっとガッカリ部分がありますが、
ラム酒が好きな方にはブリッジタウンから5分ほどの所にあるので
お時間に余裕があれば行かれると良いかもです。


MOUNT GAY RUM VISITORS CENTER
Spring Garden Highway, Bridgetown, Barbados
Tel : +1-246-425-8757
Web : www.mountgayrum.com

HARRISON'S CAVE

2012 - 07/18 [Wed] - 10:10

Harrisons Cave 01

島の真ん中にある HARRISON'S CAVE ハリソンズ・ケイブに行ってきました。

Harrisons Cave 07

なんと、観光客とロコでは入場料が違いました *ここではよくあることです。
 ・観光客 51.065バルバドスドル(約2,022円)
 ・ロコ   42.555バルバドスドル(約1,685円)
受付のお姉さんに私もバルバドスに住んでいる事を主張してみたら
ロコ価格にしてくれました。わーい!
 ※ちなみに私が持っている地球の歩き方では大人は20バルバドスドルになっていました。値上がりした?

Harrisons Cave 04

この洞窟がある場所は緑がいっぱいのジャングルみたいな所です。
私たちは歩いて洞窟の入り口まで降りて行きましたが、
ここには立派なエレベーターが設置されています。
バルバドスには高い建物が無いので滅多に見ないエレベーター。
私もバルバドスに来て初めて見ました。

Harrisons Cave 08

洞窟探検の前ににビジターセンターでバルバドスと洞窟についてちょっとお勉強。
上にある丸い所の下に立つと映像の音が聞こえてきます。
その丸い所から外れると全く聞こえません。不思議~

Harrisons Cave 09

バルバドスの島が出来る過程をボードで説明してありました。
私はその写真じゃなく「ハリソンって誰?」を撮っています
その後ビデオルームに行ってビデオでお勉強。。。
だったのですが、なんとクーラーの設定温度が17度
あまりの寒さで見た内容はほとんど記憶にございません。

Harrisons Cave 10

それではトラムカーに乗って洞窟探検です
私達のグループのガイドさんがなぜか黒のシャワーキャップを被っての再登場!
なぜでしょう?洞窟で濡れるんでしょうか?

Harrisons Cave 12

黒のシャワーキャップを被ったガイドさんが洞窟の説明をしながら
私たちを乗せたトラムカーは進んで行きます。
洞窟内はライトに輝く立派な鍾乳石がたくさん!
とっても綺麗なんですが残念ながら私のカメラでは写しきれなかったです

Harrisons Cave 14

ニョロニョロに見える鍾乳石。
途中トラムカーを降りて滝のように流れる水の場所を見に行けたり、
みんなで記念撮影など出来ます。

Harrisons Cave 24

ガイドさんが洞窟の歴史を丁寧に英語で教えてくれます。
はい、英語なので私は左から右へスルーと聞いて通り過ぎてしまい
殆ど覚えておりません。その時は「へー」て言ってたんですけどね。。。
恐ろしくひどい私の記憶力といい加減さです

Harrisons cave_map

ここの場所は地図の真ん中部分です。
地図上でクリックすると少し拡大するので見やすいかもです。



ここの動画を見つけました。
これを見て頂くと私の写真では表現できなかった鍾乳石の美しさが
かなり分かるかと思います


HARRISON'S CAVE
Welchman Hall, St.Thomas, Barbados
Tel : +1-246-438-6640
HP : www.harrisonscave.com

Chicken Tenders Special @ Chefette

2012 - 07/14 [Sat] - 22:19

Chicken Tenders Special

私たちが最近ハマっているのがChefetteChicken Tenders Special
鶏肉のささ身のフライドチキンです。

8本入りが18.50バルバドスドル(約733円),
4本入りが14.95バルバドスドル(約592円)です。(上の写真は8本入り)
Chefetteのオリジナルのシーズニングが効いた衣がサクサクで
また付属のスパイシーなソースがチキンと良く合って本当に美味しいのです
ここ数カ月ChefetteはこのChicken Tenders Specialに力を入れて宣伝しています。
このChefetteはバルバドスでしか食べられないので、
ぜひバルバドスに来られた際は味わってみて下さい。
もし帰りの飛行機に乗るまでに食べなれなかったとしても大丈夫!
バルバドスの空港にもChefetteはあります

今年でChefetteは40周年
日本の「華の47年組」と同じですね!

Chefette
HP : www.chefette.com


Ramshackle Beach Bar & Restaurant

2012 - 07/12 [Thu] - 23:49

週末の事を書きたいのですが写真がまだ整理できていないので、
まずは日曜日のランチに行ったこちらから

Ramshackle Beach Bar  Restaurant 06

日曜日のランチの場所を探すのは容易じゃないです。
しかも既に2時を過ぎていたので、なかなか良い場所が見つからなかったのですが
こんな時はお義姉さんです。お義姉さんに聞いてここに来ました。
看板はあるけど見かけは普通の民家にしか見えないけど・・・と入って行くと

Ramshackle Beach Bar  Restaurant 01

中はこんな感じになっていて

Ramshackle Beach Bar  Restaurant 02

そのままビーチに降りていける作りになっていました。
しかもビーチにも席がある

Ramshackle Beach Bar  Restaurant 05

こんな景色を見ながら、まったりとおしゃべりをしていました。
が、いっこうに飲み物が来ませーん。
日曜日は店員さんも日曜日仕様のようです
30分ほどして飲み物が到着。
飲み物を飲みながら、またまったりとおしゃべり。
なんと、この日は一緒に行ったゲスト二人の結婚記念日という事が発覚
おめでとうございま~す

Ramshackle Beach Bar  Restaurant 03

ようやく来ました。どのくらい待っていたか分かりません
私が頼んだのは Pan Fried Shrimp Wrap 30バルバドスドル(約1190円)
お店オリジナルのソースとプリプリの海老がよく合ってて、とても美味しかったです
ゲストのFried Flying Fishを少しお裾わけしてもらったのですが、
ここのもシーズニングが効いていてクリスピーで美味しかったです。
ネットで検索してもココは美味しいと評価が高いみたいですね。

Ramshackle Beach Bar  Restaurant 07

食事の後はまたちょっと出かけて、夕方またここのビーチに戻って来ました。
日が沈む前にギリギリセーフ!
ゲストの二人と一緒に泳ぎたかったのに何故か彼と私は水着無し。
はい、この日ゲストの二人を見た瞬間「忘れた~!」と
二人顔を合わせて肩を落としていました。
ええ、私達二人はいつも何かを忘れてるんです
周囲の皆さまいつもすみません。

こちらの場所は Holetown から Speightstown に行く途中にあります。
飲み物、食べ物が出てくるのに時間はかかりましたが
なかなか素敵な所でした


Ramshackle Beach Bar & Restaurant
Mount Standfast, Saint James, Barbados
Tel : +1-246-422-1974
Facebook : www.facebook.com/pages/Ramshackle-BAR/

週末のあれこれ

2012 - 07/11 [Wed] - 22:56

2012.07.08 01

気がつけばあっという間に水曜日ですね
週末はゲストのお二人と一緒にバルバドスの観光をしたり、
アパートのキッチンのシンクが詰まってしまい業者さんを呼んだり、
(未だに大家さんと連絡がとれません。大家さ~ん!)
業者さんが来て応急処置の後はバルバドスのでっかくて派手な
バキュームカーが来て詰まりを取り除いてスッキリとしてくれました。
(詰まりの原因は外の配管の手入れが行き届いてなかったためで、
 私の使い方が悪いわけじゃなかったです。ほぉ

写真はバルバドスを観光中に撮った一枚です。
写真の整理ができ次第観光した場所はブログで紹介したいと思いますが、
さっき確認したら暗い場所ではフラッシュが弱くちっとも写っていませんでした。
いつもスマホの800万画素のカメラで写しているのですが、
暗い場所などはちゃんとしたデジカメの400万画素の方が良かったみたいです

観光先で聞いた説明がだんだんと記憶から消えていっているような気がします。
消えてしまう前にさっさと書かなくては

Italia Coffee House

2012 - 07/05 [Thu] - 20:42

Italia 01

バルバドスにマックはありませんがChefetteはあります。
バルバドスにスタバはありませんがItalia Coffee Houseがあります。

Italia 02

チェーン店であちこちで見かけます。

Italia 03

サイドメニューもカリブらしくパティなど置いてあります。

Italia 07

飲みのものメニューはこんな感じ

Italia 04

フリーWi-Fiもあるのでテラス席でゆっくりインターネットもできます。

Italia 05

私達も美味しいコーヒーが飲みたくなったら時々ここに来ています。
レジの所にこの冊子が置いてありました。
これは携帯会社Digicelが出しているバルバドスのちょっとしたガイドブックです。
お土産屋さん等のレジ横にもよく置いてあります。うれしい事に無料です
私はこのガイドブックよりも一緒に付いている Road Map(道路地図)をいつも
持ち歩いています。
どうも7月ぐらいに毎年改定されるようで、もうじき新しいのが出回るじゃないかと
期待してまっています。
これはバルバドスを観光する方にはお薦めのRoad Map(道路地図)です。

Italia 06

今回私たちが行ったItalia Coffee HouseはQuay Side店。
このQuay Sideは以前このブログで紹介したAccra Beachからすぐの場所にあり
コンビニ、お土産屋、中華、ビザ、メキシカン、ギリシャなどの料理が食べられる
フードコートもあってとても便利な所で観光客の方達もここでたくさん見かけます。
また同じくこのブログで紹介したアイス屋さんChilly Moo's Ice Cream Treatery
グリル料理屋さんJust Grillin'もここにあります


Italia Coffee House
Quayside Centre, Rockley, Christ Church, Barbados
Tel : +1-246-435-8165

CBC バルバドスのテレビ局

2012 - 07/04 [Wed] - 10:29

CBC 01

バルバドスに一局だけあるテレビ局
THE CARIBBEAN BROADCASTING CORPORATION(カリブ海放送協会)
通称 CBC です。 

CBC 02

チャンネル番号は108
ニュース番組や料理番組などいろいろローカル的な番組をやっています。
バルバドスには1曲しかないので、どの家にもテレビにはチューナーが付いていて
北中米のテレビやイギリスのBBCなど約70近くチャンネルがあり(有料チャンネル含)
それらを見る事もできます。(私もよくアメリカのFOOD NETWORKを見ています

そのCBCには国民の誰もが知っている有名キャスターのローズマリー・アリーンさんが
いらっしゃいます。
著名人などの会談番組では必ず司会進行役をされています。
そのCBCのローズマリー・アリーンさん達が昨年日本のテレビ局の企画で
日本を取材に行かれました。
バルバドスはほとんどの情報がアメリカ経由(TVの関係上そうなると思います)で入って
くるので本当の日本をバルバドスの国民に知ってもらうには良い企画だったそうです。
この時の取材番組はほとんどのバルバドス人が見ていたようで、
こちらに来て私が誰に聞いても『見たよ!』と言われます。

そのローズマリーさん達が日本を取材をしている様子を日本のテレビ局が
取材していた番組 テレビ東京の 『和風総本家 「日本という名の惑星」』
2011年11月24日(木)にその様子が放送されました。
ネットで探したら動画があったので貼っておきます。



この時の放送を私は録画してバルバドスに持ってきて、こちらの家族と見ました。
バルバドスで放送された部分とはまた違った角度で見れたので面白かったようです。
ただ。。。日本で放送された部分にバルバドス人はほとんど日本を知らないとなって
いましたが、私の知る限り(私の周囲の人達)はそんな事は無いです。
(あれはテレビ東京側の意図なのかしら?


THE CARIBBEAN BROADCASTING CORPORATION
HP : www.cbc.bb
このテレビ局はネットでLIVEで見る事が出来ます。
→ http://www.cbc.bb/index.php?option=com_wrapper&view=wrapper&Itemid=89

日本の蚊には日本製を、バルバドスの蚊には?

2012 - 07/03 [Tue] - 11:19

Mosquito killer 01

日本から持って来たアースノーマット。
蚊の多いバルバドスではかなり重宝しております。
カートリッジもかなり持って来ていたのですが半年も経つとさすがに無くなってきました。
これは日本製なので日本の蚊には良く効くかもしれないけど
バルバドスの蚊にはバルバドスに売ってある物の方が良いよねと彼と話しながら
スーパーの殺虫剤コーナーに行ってみると・・・

Mosquito killer 04

あれー?
これはアースノーマットとフマキラーのベープじゃないですかっ!

Mosquito killer 02

アースノーマットのカートリッジは日本から持って来た本体にそのまま使えます!
スーパーで彼と大笑い
まさかここで日本と再会するとは。

って事で、日本の蚊には日本製を、バルバドスの蚊にも日本製を!でした。
これで安心してぐっすり眠られる

*ちなみに90日用で1本12.95バルバドスドル(約520円)しました。

Piggy & footy @ Pablo Donte's

2012 - 07/02 [Mon] - 11:25

昨日はユーロサッカーのイタリア対スペインの決勝戦で世界のあちこちで
盛り上がっていたようですが、こちらバルバドスでも私たちがお世話になっている
Pablo Donte'sで子豚の丸焼きと一緒に盛り上がっていました

Piggy  footy 01

日曜日の4時ぐらいです。
皆さんビールやラムを飲みながらサッカー観戦。
このお店では2台の大きなテレビとプロジェクターを使った画面で観戦できます。
試合の終盤の方で子豚の方も忙しくなってきました。

Piggy  footy 04

どうやら片面が焼けたようです

Piggy  footy 08

大きな男性が3人がかりでひっくり返して、まだ焼いていない方に油を塗っていました。
鯵の開きじゃなくて豚の開き。。。

Piggy  footy 10

またじっくり焼かれます

Piggy  footy 11

4対0で試合が進んでいて、イタリア人の観光客のカップルの男性の方は
早々とイタリアのユニフォームを脱いで試合を見ずにスマホをいじっていました(笑)

Piggy  footy 13

スペイン優勝で試合終了!
と、当時にDJがガンガンにソカを流します。さすがここはバルバドス。
前日からCrop Overのお祭りが始まりバルバドス人のテンションはお祭りモード。
音楽が流れるとみんな踊りだします。
ここで私、気づいちゃいました!
時々バルバドスでも地元の人なのか観光客なのか分からない人がいます。
でも踊りだすとそれが一目で判断できます。
Bajan(バルバドス人)は腰から踊るのに対し、観光客は肩から踊ります。
カリブのソカ、カリプソン、レゲエの曲には腰から踊る踊り方が見ていても
しっくりきます。なので、カリブ人のように踊ってみたい時は腰を意識して
踊るといいです
この前、ようやく立ったくらいの女の子の赤ちゃんが腰から踊っていたのを見て
衝撃をうけました。あれはDNAの時点で受け継がれているのかもです

Piggy  footy 14

子ブタも焼きあがり!

Piggy  footy 17

なぜか子ブタ1頭と頭一つ。
美味しそうにこんがり焼きあがっていました。

Piggy  footy 18

職人さんが手際よくさばいていきます。
さっきまでチャラいお兄さんたちが飲んでいると思っていた人達は職人さんでした。
ナイフを手にする姿はかっこよかったです。チャラいと思ってごめんなさい。

Piggy  footy 20

切り分けてもらった豚とバルバドスの地ビールBanks。
ほんのりと塩味がして上質なハムのような感じで美味しかったです


Pablo Donte's
Chattel Village, StLawrence Gap, Barbados
Facebook : https://www.facebook.com/pablodonte

 | ホーム | 

PROFILE

yumi

Author : yumi
Japanese living in Barbados.
Welcome to my blog!!

yumiです。
縁があって2011年12月末からBajanの彼(現在は夫)の国バルバドスで暮らす事になりました。
2017年4月に家族が増えました。Bajapaneseの女の子です。

■■■■バルバドス ■■■■
●島の大きさ:南北34㎞,東西22㎞,431㎞2(種子島とほぼ同じ)
●人口:28.9万人(2014年現在)
●首都:Bridgetown
●通貨:バルバドス・ドル(Bds$),US$1=Bds$2(固定相場)
●民族:アフリカ系(約9割)、ヨーロッパ系、混血、インド系、その他
●言語:英語
●宗教:キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)、その他
●元首:女王エリザベス2世
●首相:フローンデル・スチュワート
●気候:年間平均気温26℃
●時差:日本と-13時間

CALENDAR

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

CATEGORIES

MAIL

Name:
Mail address:
Title:
Text:

BARBADOS TIME

Facebook

SARCH

LINK

RSS

QR

QR

COUNTER

FLAG COUNTER

free counters

ブロとも申請フォーム