Bajan × Japanese = Bajapanese :日本から約14,000㎞離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国バルバドスから日々の出来事をお伝えします。

  Bajapaneseのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> その他の料理いろいろ > SUSHI  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUSHI

2012 - 02/02 [Thu] - 10:12

すし 3

こちらで時々お寿司を作っています。
と言っても「にぎり」ではなく「巻き」ですけどね
このスタイルのお寿司を作るようになったのはフランス滞在中の出来事がきっかけです。
私の誕生日会(海外では誕生日の本人が会を主催する事が多いです)に
手巻き寿司を用意したのですが、なかなか箸が進まないのです。
聞くと、味は大丈夫だが自分で巻くのが面倒ということ。
自分の好みで巻くのが楽しいじゃーん! と思ったのですが
その日をきっかけに具を全部一緒に巻いて切って出すようにしたら、なんと大好評!
生ものが苦手なフランス人に方達のために生ものを使わずに、
フランスでもよく食べれていたカニカマ(フランス名はSURIMI)等を使って作っていました。

で、それから数年後に彼が日本に来た時に寿司を作ってくれと言うので
フランス人に大丈夫ならバルバドス人にもいけるかもと思い作ってみるとOKでした。
が、一つ問題が・・・彼は何と甲殻アレルギーだったんですよ(涙)
なのでカニカマをソーセージに変えて作りました。

そんな歴史があっての今の私の巻き寿司の形になっています。
外国の方達にもテリヤキ味が好評なので、
今はテリヤキチキン+マヨネーズの巻き寿司も作ってます。
よく「寿司にソーセージ?」とか「寿司にチキン?」と言われますが、
口にすると黙ります(笑)
寿司は生魚だけじゃないのよ~!

すし 2

こちらで、このような材料が揃います。有難いです。
この食品メーカー Blue Drabon はフランスでも見てました。
調べてみるとイギリスの会社のようです。

すし 1

今度の土曜日にホームパーティをするからお寿司を作って欲しいと頼まれました。
バルバドス人の方にも好まれる巻き寿司をいろいろ考えてみたいと思います

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bajapanese.blog.fc2.com/tb.php/18-66379f10

 | ホーム | 

PROFILE

yumi

Author : yumi
Japanese living in Barbados.
Welcome to my blog!!

yumiです。
縁があって2011年12月末からBajanの彼(現在は夫)の国バルバドスで暮らす事になりました。
2017年4月に家族が増えました。Bajapaneseの女の子です。

■■■■バルバドス ■■■■
●島の大きさ:南北34㎞,東西22㎞,431㎞2(種子島とほぼ同じ)
●人口:28.9万人(2014年現在)
●首都:Bridgetown
●通貨:バルバドス・ドル(Bds$),US$1=Bds$2(固定相場)
●民族:アフリカ系(約9割)、ヨーロッパ系、混血、インド系、その他
●言語:英語
●宗教:キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)、その他
●元首:女王エリザベス2世
●首相:フローンデル・スチュワート
●気候:年間平均気温26℃
●時差:日本と-13時間

CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

CATEGORIES

MAIL

Name:
Mail address:
Title:
Text:

BARBADOS TIME

Facebook

SARCH

LINK

RSS

QR

QR

COUNTER

FLAG COUNTER

free counters

ブロとも申請フォーム