Bajan × Japanese = Bajapanese :日本から約14,000㎞離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国バルバドスから日々の出来事をお伝えします。

  Bajapaneseのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> バルバドスのお店 > 魚市場 Berinda Cox Fish Market  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚市場 Berinda Cox Fish Market

2012 - 03/09 [Fri] - 12:12

Fish Market 01

家から歩いて20分ぐらいの所に Berinda Cox Fish Market があります。
私はここでバルバドスの国民食の Flying Fish(トビウオ)を時々買います。

Fish Market 11

獲れたてのトビウオをおばさんが器用に頭と骨と内臓などを取り除いています。

Fish Market 05

トビウオはこのような形で売られています。
1袋10匹入りで20バルバドスドル(約800円)です。
これをバルバドスのシーズニングに漬込んでフライにしたりします。
私はバルバドス式のフライと鯵フライみたいに日本式のフライの両方を作ります。
新鮮なので身がプリプリしていてとても美味しいです。

one dollar

バルバドスの1ドルコインにも描かれているトビウオです。
ちなみに私のブログのテンプレートの絵にもトビウオが飛んでいます。

Fish Market 03

トビウオの他にもバルバドスで Dolphin(イルカ)と呼ばれているシイラ(マヒマヒ)や
カジキマグロなどいろいろ水揚げされてここでさばかれているのですが・・・
正直どの魚がどれなのかが聞かないとわかりません

Fish Market 02

たぶんコレが Dolphin(イルカ)じゃないかと思うのですが・・・
一応、市場のおばちゃんに聞いたんですけどね

Fish Market 10

獲れたてで新鮮なのですが、こちらの人たちは生で魚を食べません。
新鮮な魚をライムジュースと塩を混ぜた水に漬込んでまず臭みをとり、
それを更にバルバドスのシーズニングに漬込んで焼いたりフライにしたりします。
日本人の私からすると、素材の味が消えてしまってもったいない気がするんですけどね・・・
まっ、これも文化の違いですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bajapanese.blog.fc2.com/tb.php/31-fe11f40f

 | ホーム | 

PROFILE

yumi

Author : yumi
Japanese living in Barbados.
Welcome to my blog!!

yumiです。
縁があって2011年12月末からBajanの彼(現在は夫)の国バルバドスで暮らす事になりました。
2017年4月に家族が増えました。Bajapaneseの女の子です。

■■■■バルバドス ■■■■
●島の大きさ:南北34㎞,東西22㎞,431㎞2(種子島とほぼ同じ)
●人口:28.9万人(2014年現在)
●首都:Bridgetown
●通貨:バルバドス・ドル(Bds$),US$1=Bds$2(固定相場)
●民族:アフリカ系(約9割)、ヨーロッパ系、混血、インド系、その他
●言語:英語
●宗教:キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)、その他
●元首:女王エリザベス2世
●首相:フローンデル・スチュワート
●気候:年間平均気温26℃
●時差:日本と-13時間

CALENDAR

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

CATEGORIES

MAIL

Name:
Mail address:
Title:
Text:

BARBADOS TIME

Facebook

SARCH

LINK

RSS

QR

QR

COUNTER

FLAG COUNTER

free counters

ブロとも申請フォーム